Category: Self-Improvement

新しいことを始めるパワー

Category: 
Self-Improvement

こんにちは、FIFOのダグラスです。

今日は、僕の一番好きな本の一番好きな文章を紹介したいと思います。その本は、スティーヴン・プレスフィールドの「やりとげる力」です。

下記の文は、「W.H.マレー」というスコットランド人の登山家が「ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ」というドイツ人の作家から引用して、そしてプレスフィールドがマレーからそれを引用して、そして僕がプレスフィールドからそれを引用しますね。
"Concerning all acts of initiative and creation there is one elementary truth, the ignorance of which kills countless ideas and splendid plans: that the moment one definitely commits oneself, then providence moves too. All sorts of things occur to help one that would not otherwise have occurred. A whole stream of events issues from the decision, raising in one's favor all manner of unforeseen incidents and meetings and material assistance which no man would have dreamed would come his way.

I have learned a deep respect for one of Goethe's couplets: 'Whatever you can do, or dream you can, begin it. Boldness has genius, magic, and power in it. Begin it now.'" 

―W.H. Murray

すべてにおいて、第一歩を踏み出すこと(そして創造すること)には基本的真実が込められている。その真実の大切さを知らないと、山のようにあるアイデアも、素晴らしい発想も活かされないままで終わってしまう。つまり、全身全霊を傾けてとりかかってこそ、神の摂理もスムーズな形で流れ始めるのだ。そうして初めて、与えられるべきものを手に入れることができる。全身全霊を込めて対峙するという決意から物事の流れが生まれ、想像もできなかった形での協力を得られるようになる。

私には、ゲーテの詩から学んだことがある。「出来ること、あるいは夢見ていることは、今すぐ始められる。大胆さは才能、神秘の力、そして力を秘めている。今すぐ始めなさい」

―W.H.マレー

だって!

さあ、今すぐあなたは何を始めますか?